3発目は、ライブ行った時のメイクです。
休日最終日は首やら身体が筋肉痛で
家でお休み。
これがラストです。

ライブハウス行く→汗かく→メイク落ちるが
相場なので、メイクはして行くけど
落ちて目元が汚くなるような
アイシャドウは基本使いません。

落ちても比較的悲惨な顔には
ならないであろう色を使ってメイクします。

睫毛も下がり気味だと、マスカラが取れて
パンダさんになる可能性が出てくるので
しっかり上げます。
アイシャドウより睫毛に気合いを入れ、
しっかりメイクに見せる目的もあります。

今回はこんな感じ。
160318-07


使用したコスメはこちら。
160318-01

【左】ダイアモンドアイシャドウ/ピンク
【右】無印良品/4色アイシャドウ
ブラックのリキッドアイシャドウ

上記3点と絶大的信頼をよせている
CANMAKEのクイックラッシュカーラー
(マスカラ下地)ブラックを使用。

マスカラ下地だけど、ブラックなんで
これ1本使い。
普段はクレンジングで落としやすい
普通のマスカラ使うけど、ここぞという日は
絶対これを使います。
 

160318-02

①まぶた~眉下まで無印の
ゴールドパールの入ったホワイトをのせる。

②二重幅にダイアモンドアイシャドウの
ブラウンをのせ、上に向かってぼかしていく。

③目頭側には軽く無印の濃いブラウンをのせ、
②のブラウンと馴染むように内側に向かってぼかす。

160318-03

④黒のリキッドライナーでラインを引く。
黒目の上は少し太めのラインにしました。
失敗しても大丈夫。こんなもんかな?って
気にしない。

160318-04

⑤無印のブラウンを細い筆に取り、
リキッドライナーで引いたラインの上に
重ねて、形を修正する。

⑥下瞼は目頭~目尻まで無印の
オレンジを入れます。
目尻に向かって太くなるように。

160318-05

⑦ビューラーでしっかり睫毛を上げ、
マスカラを塗って終わりです。

160318-06

正面だとこんな感じ。
右目の方が睫毛少ない;;
160318-08


このブログで言った事があったか
なかったか分からないんですが、
睫毛の上がり具合やカールの調節は
顔に対して鏡を真正面に置いて
ビューラーを使うよりも、
鏡は正面、顔を横向きにすると
簡単ですよ~。

右の睫毛にビューラーを使う時は、
顔を右斜め前に向ける。
左の睫毛にビューラーを使う時は、
左斜め前に顔を向けて。
目線だけ正面の鏡を見る感じ。
手鏡でやるのがオススメです。
ファンデのケースについてる鏡とか。

ビューラーで睫毛を挟んで数回押し上げると
思うんだけど、横を向いてやると
睫毛の状態(カールがどれくらいついたか等)
がビューラーの間から見やすくなるんです。
正面向いたままだと、睫毛の上がり具合、
綺麗なカールがついたか、私は全然分からない。

友達や知り合いから睫毛のカール
どうやったらそうなるか聞かれる時は、
顔を斜めにして横向きの睫毛見ながら
ビューラー使ってるよっていつも教えてます。
10代の頃から結構同じ質問されます(笑)

ビューラーが苦手な方は1度試してみて下さい^^