惨敗の結果で終わっていた
赤っぽいメイクに再チャレンジです。

ダメだなって思った所とそれ以外も
少しやり方を変えてみました。

前回より気に入ったメイクになりました^^v

最近、少しでも後回しにするとそのまま忘れて
しまう事が多くなり、目元の画像のみです。
自分の頭が心配です。。

分かりにくくて、申し訳ないのですが
コスメの商品名とカラーを説明します。

【使用コスメ】

①ダイソー:ラメポイントメイクジェル/ピンク

セリアのクレヨンアイシャドウをやめ、
こっちに変更しました。

②自作のミックスアイシャドウ/赤みのあるゴールド

これは変更なし。
(混ぜたアイシャドウは前回記入)

③visee:グラムヌードアイズ/N-9

パレットの内、ピンクベージュのみ使用

④ダイソー:アイライナーペンシル/ダークブラウン

緑のキャップのペンシルライナー。
これも、前回と変更なし。

マスカラも前回と同じく、カラフルポップマスカラ/赤と
CANMAKEのゴクブトマスカラのアンティークショコラ
ローズ、これに1本ブラックのマスカラを追加です。

前回は、ゴクブトマスカラの上に赤のカラーマスカラを
重ねましたが、ブラックの上から赤を重ねた方が
色がハッキリ出そうだと思ったので、やってみました。

 


この赤っぽいメイク?は濃い色の
アイシャドウを使わず、肌なじみの
良い色や淡い色を使うので、ペンシルで
引くアイライン以外はぼかしが適当でも
大丈夫。グラデーションテクもいらず
簡単です。

マスカラに赤を入れず、ブラウンや
ブラックのみにすれば普段使いにも
使えると思います。


まずは、アイシャドウの入れ方から。
160308-01a

【ピンク】ラメポイントメイクジェル
【黄】viseeのピンクベージュアイシャドウ
【赤】自作のミックスアイシャドウ


ラメポイントメイクジェルはまぶた全体、
眉下まで入れます。
二重オーバーするくらいまでは、何度か
重ね塗りを繰り返して濃くし、眉下までの
上の方は薄く広げました。

目の中央に赤みのあるゴールド系の
アイシャドウを指でのせ、挟むように
両端にピンクベージュのアイシャドウを入れ、
全体を軽く馴染ませます。

ペンで囲った範囲のない画像だとこんな感じ。
160308-01

下まぶたは
目尻から内側1/3程度に赤みのあるゴールド、
残りの2/3はviseeのピンクベージュを入れます。


ここまで終わったら、目の際・睫毛の隙間を
ペンシルライナーで埋め、しっかりぼかす。
ここだけは丁寧に!
目尻側のはみ出しハネ上げラインはお好みで。

160308-02

あとはマスカラ塗ります。
上睫毛は、ゴクブトマスカラ
アンティークショコラローズ1色のみ。
結構赤みのあるブラウンカラーなので、
このマスカラ1色だけでも、全然有りですね。

160308-03

下睫毛は、目頭から黒目外側まで
アンティークショコラローズを塗り、
目尻部分のみ、ブラックのマスカラを
1度塗り、上からカラフルポップマスカラの
赤を重ねて塗ります。

160308-04

画像だと、分かりにくいですが
実際は下睫毛、目尻側のみ赤が
ハッキリしました。


上まぶた中央のアイシャドウを
もっと赤いアイシャドウに変えても
可愛くなりそうだし、アイシャドウの色はこのまま
抑えて赤やバーガンディーのカラーライナーを
目の際に使ってもいいかも^^